Woman Rentalといわゆる「おばさんレンタル」の違い

最近、「Woman登録したい〜!!」というお問合わせが非常に多いです。
そんな中、一部勘違いしている方もいらっしゃいまして、どういう勘違いかというと、

Woman Rentalは安定的な仕事である

という誤認。

仕事、副業、稼ぎたいという、いわゆる「金銭軸」で参加したがる方が多くいらっしゃいます。
おっさんレンタルならぬ「おばさんレンタル」だったり、便利屋、家事代行的な捉え方をしている方はクライアントパートナーズの「女性スタッフだけの便利屋」だったりDMMの「おかん」とかのご利用をオススメします💦

このようなお問合わせには以下の回答を送ってます。
ご参考までに。

ノハゲ
●●● さま

はじめまして、Woman Rentalの管理者ノハゲこと池田と申します。
諸々のご事情、詳細にお知らせいただきありがとうございます。

Woman Rentalは「おっさんレンタル」の女性版と定義づけるとわかりやすいかと思いますが、おっさんレンタルを知らないとわかりませんよね(汗)
結論から言うと「安定収入を見込める仕事」ではありません。
おっさんレンタルの場合、1時間1,000円のため、仮に8時間/日、20日間/月でも年収200万円に届きませんがWoman Rentalの場合は価格設定が自由なので2,000円/時間にすれば同条件でも400万円弱の収入になります。
しかし、おっさんもWomanも年間に1〜2件しかオーダーが入らない人もいれば300件入る人もいます。その差は価格やキャラクターやスキルや努力によって出るものと考えてます。
Woman Rentalでは価格が安いからといってオーダーが入るとは限らず、高額でも人気のある人はいます。年齢やスキルだけでは測れないところもあり、なかなか答えは出ません。

私も「1時間1,000円」での自分の市場価値がどれくらいあるのかに興味があっておっさんレンタルを始め、より多くのオーダーをいただけるよう努力しました。
レンタルでの経験や多くの出会いを後の自分の生活や仕事に活かしていくためのものとして取り組んでいただける方がレンタルに向いていると思います。
登録したからといって何件月にオーダーが入るとは言い切れないのが逆にレンタルの面白さであり、登録し、活動していくことで自分と向き合い、すべてをご自身でプロデュースしていくことをご理解された上でそれを楽しめる方が登録していると思います。

Woman Rentalは私自身ビジネスとして取り組んでいるわけではありません。
ちなみに、登録を有料にし、レンタルロイヤリティを確保しているのは、

1. 登録において設定等にかなりの時間と労力を要する
2. 気分で始めて気分で辞める人の登録を極力なくすため
3. 規模が大きくなった時のサービスクオリティ維持のための人件費の確保

という理由からです。特に女性は気分屋さんが多いので、簡単に始めて簡単にやめられては困るのです💦

Woman Rentalはユーザーのためではなく、登録Womanのためにつくったコンテンツです。
おっさんレンタルで得られたことを多くの人と共有したいと。
登録するか否かを考えることは自分と向き合えること。
例え断念したとしても、考える事で関わった価値があると考えてます。
じっくりとお考えいただいて、まだ確認したいことがあればいつでもご相談に応じますので、お気軽に。😃

Woman Rentalにご興味を抱いていただきありがとうございます。
長文失礼しました。