快活60にみるシニア層のポテンシャルの高さ

「快活60」というメディア(雑誌・Web)をご存知でしょうか?
本でおなじみの双葉社のコンテンツ。

快活60
快活60 Web
https://kaikatsu60.com

読んで字の如くオーバー60の快活をテーマにしたシニア向けの情報コンテンツ。
一般常識から医療、そしてエロまで(笑)

ノハゲはその存在を知りませんでしたが、実は昨年末に担当のライターさんから簡単な取材を受けたことでその存在を知ったわけですが、このコンテンツが遊び心満載で実にオモシロく。。。

何と言ってもまず字がでかーい!

また、お色気コンテンツに入るにはアダルト系サイトのような認証ページを介していて。。。

快活6お色気認証ページ

とにかく遊び心がありサイト全体がとても読みやすく親しみが湧くのです。

このサイトを何の違和感もなく楽しめることは自分がシニアに近づいているという裏付けなのかもしれませんが、実はそのゾーンに近づく自分が楽しみだったりしています。(現在47歳💦)

日本の今の人口の一番多いゾーンが70前後の団塊の世代。
TVを観ればお分かりのようにココをターゲットにした通販番組の多いこと多いこと。特に地方は顕著。

もう5年〜10年で今の団塊世代まわりが後期高齢者になり世の購買力が壊滅的に衰えること間違いなしと思われますが、にしても、いわゆるおじいちゃん・おばあちゃんが今後の日本経済の主軸になるのは明らか。
少なくとも自分の目の黒いうちはシニア層ターゲットで十分メシは食えるんでないかと。

今、仕事でもこのゾーンの男女との関わりが多く、身をもってどううまく関わっていくべきかという使命感を抱えつつ日々考えさせられる毎日💦

よく「若い人からはパワーをもらえるし上の人には吸い取られる」という話をしてましたが、それは既成概念かもしれないと。 話が長い、頭が固い、不衛生。。。ネガティブな要素は多々あれど、実はとても「面白い」ゾーンであると、ポジティブ思考で向き合うと疲労感は割と生まれないものなんです。
「年寄りはそういうもの」と、折り込んで接すれば景色は大きく変わるのではないかと思っています。とにかく面白い層なんだと。

つまり、おじいちゃん・おばあちゃんに愛されるレンタルウーマン希望です(笑)


昨年末に取材を受けた際の記事はコチラ
2017.12.12
【潜入】素人女性を貸してもらえる「ウーマンレンタル」